• Cpzv9MmAeZnews_pic
  • 3vAjDwdvzMnews_pic
  • JhbeQKfI5Lnews_pic
  • DltJYKjdpvnews_pic
  • fIcQB72oCznews_pic
  • Cr1Oz1sIb7news_pic
car coating
ガラスコーティング専門店です
コーティングに特化したプロショップです
コーティングに特化したプロショップです
Car Maintenance
Concept

施工料金の安い車コーティングを伊東市にて行います

自社開発コート材を使用し施行しております

自社オリジナルのガラスコーティング剤を中心に使用することにより、通常の車コーティングにかかる加盟店料などのマージンが押さえられ低価格での施行を伊東市内にて実現しております。他社と比較して安い料金であるからといって、決して妥協することのない施行工程により、仕上がりに圧倒的な差が生まれます。

これまでに培ってきた一流の技術によって、磨きの段階から徹底したこだわりの技術で施行を行いお客様の車を美しく仕上げております。コーティング剤の種類によりいくつか施行プランをご用意しておりますので、お客様のお車の状況合わせて最適なものをお選びいただくことができます。

Menu

車コーティングに特化したメニューのみ伊東市にて提供

コート材の種類ごとにプランをご用意しています

K-TEC硝子コーティング ¥50,000~¥95,000
プラチナ硝子コーティング ¥68,000~¥130,000
プレミアムダイヤモンド硝子コーティング ¥87,000~¥195,000
Example

これまでに施行してきたお車の写真を紹介しています

他社との違いや施行の美しさをご覧いただけます

  • JhbeQKfI5Lnews_pic (1)

    ダイヤモンドガラスコートを施工しました。

  • Cpzv9MmAeZnews_pic

    ガラスコーティング施工完了!

  • 3vAjDwdvzMnews_pic

    ガラスコーティングを施工しました。

Blog

自社ブランド製品の紹介などを行っております

施工後のメンテナンス方法なども紹介します

フェラーリ
伊東市で硝子コーティング行ってます!
カーコーティング28
ホームページ公開しました
Access

どんなお車でも気軽にお持ち込みいただくことができます

概要

店舗名 K-TEC satuma
住所 〒413-0232
静岡県伊東市八幡野1314-17
電話番号

090-6352-1409

090-6352-1409

営業時間 9:00 〜 17:00

定休日

日曜

アクセス

ボディーの状態を見極めながらお客様の愛車を車コーティングいたします。伊東市内で営む工場では傷や磨き残しをしっかりと判断するための照明設備やコーティングを定着させるためのヒーターなどを取り揃え、最適な環境とプロの技術・知識を持つスタッフの手による施行を行っております。「他社の施行では満足できなかった」「できるだけ安く施行したい」そんなお客様の希望を叶えます。

About us 熟練した技術で伊東市にて車コーティングを施行します

実績多数のスタッフが伊東市にて車コーティングを施行しています

ガラスコーティングと聞くと撥水効果を持続させることや汚れや傷から車を守ることだと考えられていらっしゃるお客様も大勢いらっしゃいますが、本来の目的は新車時の塗装や磨いて綺麗にした塗装を保護するためのものです。ガラスコーティングは万能なものではなく、どんなに高級なコート剤を使用しどれだけ高額な料金で腕の良い施工者にお願いしたとしても、日常の使用や洗車をするたびにガラス被膜には細かいキズや汚れが付いてしまうのです。ボディーを覆っているクリア塗装には厚さの限度があり、傷が付くたびにコンパウンドで磨いているとクリアが削れて無くなってしまいます。

そこでこのクリア塗装を守るためにガラスコーティングを行うのです。スマートフォンの画面にフィルムを貼り傷が付いたら貼りかえるのと同じように、ボディー本体を覆うクリア塗装自体に傷が付かなければガラスコーティングを塗り替えるだけで何回でも綺麗になると言う事です。この施行が甘いと想定されている年数よりも早期に皮膜の寿命が訪れてしまうだけでなく、見た目の美しさにも欠ける仕上がりとなってしまいます。格安コーティングとは違うプロの技で、美しく持ちの良い施行をします。

専門の設備を整えた伊東市で営む工場で車コーティングを実施

コーティングの仕上がりの美しさは溶剤の品質や種類ももちろん大切ですが、それよりも大切なのは磨きの技術と施行を行う環境です。私達の扱う無機質の完全硬化型ガラスコーティングは研磨をしっかり行わないと、後から磨き傷が浮かび上がってきてしまいます。また照明設備の整っていない環境で施行を行うとオーロラマークという磨き後が出てきてしまう原因にもなります。ショップで扱っている高濃度のコーティング剤は一般の方には施工が大変難しく、長年の知識と経験、そして専門的な技術が必要となってきます。湿度・気温・時間・施工空間など非常に細かく管理を行う必要があるのです。

またコーティング剤と塗布する際は均等に塗り伸ばしていく必要がございます。この作業が非常に難しく、加減を間違うとムラになりまたゴシゴシこすってしまうと非常に薄い被膜になってしまうこともあります。塗布の際に風の通る場所で行うと、硬化を行うまでの間にゴミやホコリが入り込んでしまう可能性もあります。それほどまでに、技術に次いでコーティングを行う環境というのは重要な役割を果たしているのです。